xshimmyのブログ

日々の雑感を書いています。

沈黙ーサイレンスー

例によって『沈黙』について。
よかった。なんというか、「問いかけ」に満ちている感じがよかった。
奉行所の役人は言う。「ただの形式だ。ちょっと踏めばよい。少しなでるだけでもよい。それ以上は問わぬ。さあ、踏んで自由になれ」そう、僕なぞは、踏み絵は形式であって、内心の信仰とはまた別なのだから、踏んでも良いじゃないか、と思ってしまう。(まあ、踏み絵をした人も、パードレ(司祭)を【転ばせる】ためにあっけなく拷問にかけられたりしてしまうのだけども)

それは「強さ」なのか。死をも恐れず信仰を続ける姿勢はキリスト教が求める殉教なのか。炎で焼かれ、縛られたまま海に放り込まれ、頭に血が上って死なないよう首筋に小さな傷をつけられ血を滴らせた状態で延々逆さ吊りにさせられることが?

...

キチジロー(窪塚洋介)は、何度も踏む。「お前はクリスチャンじゃないだろ」と奉行所の役人に蔑まれるほどに。彼の家族は殉じた。彼の村の仲間も殉じた。それでも、イエス・キリストにだいぶ寄せた顔だちのキチジローは、生き汚く生き延びた。そしてロドリゴの処に何度も何度も告解に来る。俺は弱い。俺は罪深いと。いろんな処で言及されるとおり、キチジローは遠藤周作マーティン・スコセッシ自身だと言うのならば、キチジローと殉教者たちの違いはどこにあったのだろう。

沼。キリスト教の種が根づかないで腐る、底深い日本という沼。
平戸の領主と4人の側室の例えもそうだけど、小説『沈黙』は抜群の比喩に満ちた、聖書の教えのような雰囲気のある作りだった。その小説の魅力を忠実に再現し、スコセッシの宗教に対する感性(彼の『クゥンドゥン』とか好きだった)がうまい具合に小説と化学反応を起こしていた。良き映画だった。

近頃の世の中、「解説」が多すぎる。
『サピエンス全史』の下巻にあったけど、歴史は必然ではないし、過去のその時点ではあらゆる方向に行く可能性があった。にも関わらず時代の先にいる我々は、「なぜそれが起こったか」についてそれっぽい解説をし、なんとなく納得している。よくない。頭使っていない。

調べれば調べるほど、味の出るタイプの映画だと思う。