xshimmyのブログ

日々の雑感を書いています。

東浩紀氏講演会

東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』読書会&講演会に行ってきた。その後、友人とご飯を食べ、いろいろ思うところが表出した。

「いま・ここ」の正しさについて。ある行為を正義であると判定するのは、事後的にしかできない。だから本来、プロテスト(反抗)は「今、正しいかは分からないが、未来ではきっと正しいと認められるはず」と「賭け」にでることで、「正しいプロテスト」はどこかおかしい。ちなみに「いま・ここ」の正しさを判定するのは規律権力、たとえば法律などの「記述」である。法律に違反した行為なのかどうかは、「いま・ここ」の時点で分かる。「合法」なのは現在わかる。「正しい」のかどうかは事後的にしか分からない。

そして現在の社会は「いま・ここ」の正しさを問う「フェイク・ニュース」であふれている。現在、それが、正しいのかを確認し合っている。でもこの「フェイク」について考えることはとても難しい。たとえば石牟礼道子『苦海浄土』は、水俣病被害に遭った漁師たちの言葉をその土地の方言でとつとつと伝え、講談社ノンフィクション賞の候補にもなった。...
けれどもご存知のとおり、本作は石牟礼による小説である。そもそも見知らぬ女性に対し、被害に遭った漁師たちが身の上話をこれほど克明に話し続けるわけもない。現在の基準でいうと、これは「フェイク・ニュース」だ。

しかして、被害にあった当事者は、その時の気持ちをすべて「言語化」できるだろうか。そして、彼ら彼女らが「沈黙」しているからそれは「なかったこと」になるのだろうか。彼ら彼女らが「沈黙」している「何か」を「想像」し「表現」して、その表現が彼ら彼女らの抱く「何か」に限りなく肉薄しても、それは「言語化」されていない・当事者が語ったわけではないから「フェイク・ニュース」なのか。

なんかこう、僕が読書会に参加するのは、この「何か」について語り合いたいからなんだろうな、と友人とのご飯を通じて感じた。

たとえば文学の主人公が不倫などをしたとして、「なんでそんなことをするのか意味不明!」と激怒する方がいたとする。その怒りは合法的だ。姦通罪的な常識に当該行為を照らしたとき、その常識から逸脱しているから、許せない。もちろん気持ちのこともある。「そんなことしたら不倫された方が傷つく!」と。

ここでちょっと考えたい。主人公も、そんなことは「分かっている」。にも関わらず、イヤ逆に進んでかもしれないが、不倫に至った「何か」があるから、そうした行為に及んだ。杓子定規の「合法的な人間」からはみ出した、「人間らしい部分」に焦点を当てて考えること。また、その行為が許せないのだとすれば、法律違反だとか「己の欲せざらんところを人に施すことなかれ」的な常識の枠からじゃなくて、自分の本性から出てくる気持ちに注目してみること。

限りない善行をやる人もいる。最低の下劣に及ぶ人もいる。両方が同居している場合もある。けれどもこれが、規律とか常識とか法律に反してるから「正しくない」と言い切ったのでは、話が終わってしまう。良い意味でも悪い意味でも、「人間なめんな」と思う。定規からはみ出すからこそ人間だし、そのはみ出している部分こそ面白いところなのだ。

という理想を言いつつ、まあ、難しいですよね。