xshimmyのブログ

日々の雑感を書いています。

ファインディング・ドリーにみる家族

映画『ファインディング・ドリー』を観る。

ドリーは、常に「現在」を生きている。忘れっぽい特性のため、少し前のことでも次々に忘れていってしまう。そんなドリーはしかし、何かを探し続けていた。それが、あらゆることをきっかけに、幼い頃にはぐれた両親を探していたのだと気づく。

 

両親を探す道中、海洋保護センターに行き着くドリー。そこには、何か欠けた動物たちが集まっていた。足が一本欠けたタコ、目がよく見えないジンベエザメ、自身の特技がうまく使えないシロイルカ。なかでも、過去が、記憶が、次々になくなっていってしまうドリーはかなり致命的な欠けっぷりであるのだけども、彼ら彼女らが少しずつ、互いに補い合うことで、前に進むことができる。

 

感動的なのは、ドリーの両親の教育である。

ドリーの両親は、ドリーの忘れやすい特性について、それを障害だとも個性だとも言っていない。ただ、彼女に合わせた、生きる力を身に着ける方法を徹底して教えていた。そして、その方法を彼女が実践できると信じていた。何年も。

 

ある種の障害を、それもその人の個性だ、という論調がある。

ファインディング・ドリー』を観て、障害自体が個性なのではなく、障害を持ったその人自身の個性について改めて考えるきっかけになった。ドリーは、過去の経験を蓄積して分析して選択肢を検討することは苦手だけども、「現在」をしっかり生きているから、その場の発想力と行動力はずば抜けていた。そのドリー自身の力によって、結果的に両親を見つけることができた。

 

また、物語の後半において、彼女の「家族」は拡張する。

血のつながりでなく、また趣味趣向でもなく、ただ「好き、離れたくない」という感情によってつながった「家族」。

先に書いた、何かが欠けていた動物たち。特に、足が欠けたタコは、あるトラウマに支配されていた。そのトラウマを植え付けられた場所に、きせずして放り込まれた時、タコを救ったのは自分が常に助け続けていたと思っていたドリーである。現実的な危機からだけでなく、「海になんか出ずにずっとびんの中で穏やかに暮らしたい」という、タコの心すらも、ドリーは救ってみせた。

 

みんな、どこか、何かが、欠けている。

そんなもの、なんでもない。

だって、ドリーは、両親を見つけたのだから。

欠けたものは補い合えるし、別の選択肢は常に開かれているのだから。

そうしたことを、エクスキューズなしに信じあえる者同士が家族なのだとしたら、きっとそれを拡げていくことができる。

その一歩を、ドリーが教えてくれる。