xshimmyのブログ

日々の雑感を書いています。

人見知りとコミュニケーション

原点を振り返ってみた。

 

高校のころ、クラスの最後に作る文集で、「クラスメイトに一言」的なページがあった。
だいたい、「もっと話したかった」とか「ありがとう」とか、無難なことが書かれるアレだ。
そのページに、【話しかけてくれてありがとう】という一言をもらったことがある。それを書いてくれたクラスメイトは、静かに1人で教室にいることの多い人だった。
確かに、話しかけた覚えはあった。
ほとんど無意識に。
今でもわりと、一体感のある空間に入れてない人とかいると、話しかけたりしてしまう。そういう人に気付く時点で、一体感の空間に没入できない自分がいるわけで、それはキモいことなのかもしれないけれど、まあ楽なのだ。何かと。

 

僕は、自意識では、人見知りだと思っている。
要するに、自分1人では、コミュニケーションの「ゲーム」を支配することができないと思っている。
以下、吉田尚記『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』に沿ってこのゲームのルールをみると、

・敵味方に分かれた対戦型ゲームではない。参加者全員による協力プレー
・ゲームの敵は「気まずさ」
・ゲームは複数人が集まった時に「強制スタート」(ex.エレベーターで鉢合わせ)
・ゲームの勝利条件は「楽しくなったら」

 

昔から、こういった「ゲーム」に没入できなかった。どうしてもメタ視点が外れず、「この話はどこにつながっていくのだろう」とか、「いったいこの集まりは何なのだ」とか、そんなことを考えがちなのだ。だから20代中盤くらいまで、ホント申し訳ないことに周囲をバカにしがちだった。逆に、自分より「上」っぽい集まりに行くと、うおーってテンション上がって舞い上がりがちだった。自分だけは周囲と違うと思い込んでいたし、それに気づかないくらい周囲が見えていなかった。

 

しかし、【話しかけてくれてありがとう】の一言は、ずっと残っていたのだと思う。
人見知りで、一体感のなかに没入しきれないからこそ、そこに入っていない人に気付く。


つーか、集団からちょっと外れたところで、2~3人とかでワイワイやるのが好きだ。

 

僕のゲームでのキャラはカウンター型なので、相手がしゃべってくれてナンボなのである。何かフックになりそうな話題さえつかめれば、それをもとに広げることができる。パスもわりに好きである。逆にドリブル(自分の話で駆け上がること)は苦手。あるコンテンツが好きであることを伝えることはできるけれど、自分そのものについてはそんなに話したいこともない。

 

ルールをすげー順守する。

 

だから、サッカーなのにボールを手に抱えたまま走り続けるプレーヤーとか、そういう人をどうしようとか考えていた時期もあったのだけど、もうそれは、「分かり合えない」。OSが古すぎて、あるいは違いすぎて、なまなかなアップデートでは追いつかない。アプリ全然使えない。仕方ない。それはその人自身の人生の責任である。

 

という、振り返り。