シミーのブログ

好きなもの。読書会、少女マンガ、人文系、宇宙、社会学、ノンフィクション、、、と、好きなものを羅列していけば何かがつかめる気がしています。ブログは主に世の中に対するぼんやりとした主張です。よろしくお願いします。twitter @koro81k

ゴミ出しは家事ではありません

僕は結婚してもうすぐ丸3年になる。

子どもちゃんはいないので、育児をされているご家庭よりは、家事は気楽である。

 

結婚当初、僕は増えるワカメを入れることもまともにできなかった。あれ、入れる時ちょっとで大丈夫なのだが、どうにも不安で、たくさん入れたら、ボワっと増えた。

「こんなに増えるのか…」と絶望した。

つまりは、何もできない男であった。

 

我々は共働きで、平日の帰りは早くて夜8時くらい。とてもとても、インスタ映えするような料理は作れない。冷蔵庫の残り物のバランスをみながら、30分以内でぱぱっと作る。

増えるワカメに苦戦していた僕も、慣れてくるに従い、そういった基本ベースのことはできるようになった。

 

家事の基本は、「できる方がやる」

それ以上のところは、「気になった方がやる」

 

掃除は、休日の朝に2人で集中してやる。

買い物は、直売所に2人で行って1週間分の野菜を仕入れ、足りない分は近所のスーパーで買える方が買ってくる。

洗濯物は朝、2人で干し、夜は一方が料理する間にもう1人がたたむ。(1人の時は鍋やカレーなどを火にかけて時間を稼いでいる間にやる)

 

以上が我々の家事のメイン業務であり、

ゴミ出しは出勤時にどちらかがついでにやることだ。

それは家事ではない。

 

2人で暮らしている以上、公平感、というものはとても大事だと思う。だから、一方に用事があって家事ができないとき、帰ってから「ありがとう」と言う。

 

夫婦は、ドラマ・カルテットいわく、「別れられる家族」だから。血のつながりでなく、好き同士で一緒になった関係だから。日常を大事にするようにしたい。

 

近所で行ったことなかったパン屋さんでモーニングを食べること。散歩するワンコたちの関係を噂し合うこと(兄弟かな?親子かな?)。動画配信サイトで恐怖映画を一緒に観てビビり合うこと。

 

そういった日常は写真でシェアされイイネされるものではないけれど、確かにそこに在る、我々のライフスタイルである。

(ケンカもしますけど)