シミーのブログ

好きなもの。読書会、少女マンガ、人文系、宇宙、社会学、ノンフィクション、、、と、好きなものを羅列していけば何かがつかめる気がしています。ブログは主に世の中に対するぼんやりとした主張です。よろしくお願いします。twitter @koro81k

『宝島』について

真藤順丈『宝島』について。

舞台は戦後すぐの沖縄から、本土復帰まで。島の語り部視点で沖縄の英雄たちの物語が語られるので、普通の三人称の言い方とかじゃなく、語り部の想い・島の感性みたいなものが入っている。

 

戦後すぐの沖縄には、戦果アギヤーという、アメリカ軍基地から物資を強奪し、貧しい人たちと分け合う義賊がいた。ある時、極東最大の軍事基地、キャンプ・カデナから“ある戦果”を持ち帰った英雄、オンちゃんは、基地から脱出後、忽然と姿を消す。英雄オンちゃんを追いかけ、弟のレイ、親友のグスク、妹的存在のヤマコは、激動の戦後沖縄を力強く生き抜こうとする。

 

岸政彦『はじめての沖縄』に、沖縄のタクシー運転手の話があった。お客を乗せていても、自分で決めた時間になったら目的地までの途中でも客を降ろし、「じゃあね」と去ってしまうという。良いですね、最高ですね。

時に信じられないくらい寛容で、時に確信的なまでに傲慢になるアメリカ。自らの権益・安全のために、平気で嘘をつき、見て見ぬ姿勢を続ける本土・日本。それら巨大なシステムに翻弄されてきた沖縄人のメンタリティは、自治の感覚がすごく強い。

 

加えて、『宝島』においては、基地がそばにあることで、常に戦時下に置かれた環境になっている。英雄たちの使命が、既存の世界とは別のセカイを示し、そこに人々を導くことにあるのだとしたら、既存の世界が過酷な地獄にある人たちは本当に英雄を待望しているし、そこで暮らしている沖縄人の「なんくるないさ」はとてつもなく重い。自分や家族が米兵にいつ傷つけられるか、殺されるか分からない環境なのだ。

 

レイ、グスク、ヤマコが成長するにあたり、ジョーゼフ・キャンベルが言ったような英雄のフォーマットを本当になぞるがごとく、師匠たちが彼ら彼女らを支える。政治家として圧倒的な人気を誇る瀬長亀次郎、沖縄空手の達人・又吉世喜、過激な革命家タイラ。

 

まあしかし、彼ら彼女らが常に追いかけるのは戦果アギヤー・オンちゃんの残像である。理想化された英雄の影をずっと追いかけてきた3人は、それぞれの生き方に合わせるように、やがて自分の中でオンちゃんに対する感情を変えていく。オンちゃんの意思を3人なりに引き継ぐ。

 

それを阻むのは、たとえば基地から湧き出てくる生々しい暴力であり、マーシャル機関をはじめとするスパイ組織であり、欺瞞に満ちた本土の態度である。また、沖縄自身の記憶もある。洞窟(ガマ)では、米兵が火炎放射器で人を焼き、本土から来た日本兵が泣きだす幼い子の首を絞めて殺し、たくさんの方が亡くなった。財産も命も歴史も、根こそぎ解体させられた。

 

だから、彼ら彼女らは屈しない。何度でも何度でも、違うセカイを求め、異議を申し立て続ける。もう、ひたすら感動でありました。