シミーのブログ

好きなもの。読書会、少女マンガ、人文系、宇宙、社会学、ノンフィクション、、、と、好きなものを羅列していけば何かがつかめる気がしています。ブログは主に世の中に対するぼんやりとした主張です。よろしくお願いします。twitter @koro81k

反飲み会マナー倫理向上委員会

そう、「反」です。

飲み会であるマナー、たとえば、サラダとかの大皿取り分けね。トマト嫌いな人にトマトたくさん盛るとかの嫌がらせ以外に、あれやる意味あんすか?

アレルギーがある人だっているんだから、各自で良いじゃん各自で。

 

って感じで、飲み会のそれおかしくね?をぶちまけます。

 

そもそも、酒の注ぎ合い。いや、自分で注ぐし。「俺の酒が飲めねーのか!」って、あんたの酒蔵の酒じゃねーし。ちょっと注いだくらいであんたの酒になるなら、あんたのメガネを僕の指紋でべったべたにしたらもう僕のもんですね裸眼で帰りやがれコノヤロウ。

 

またね、飲みにケーションは、全員の士気を高め、目標をチームで共有できるようにするとか、いや、昼間のミーティングで良いじゃん。そんで、酒を呑んだら計画とか論理的な話できないし、記憶にも残んない。「なんとなく高まった気がする」の、その、「気がする」のために、店を予約し、参加者を確認し、会計を集め、最大公約数的な話題を振りまき、酒が足りなきゃ注文し、料理が余れば食べきり。

 

面倒くさい。尋常じゃなく面倒くさい。

 

また、前提として、酒を呑まなきゃ本心が語れない、って関係性って、どうなの。よく、酒癖が悪いとか言って、他人に迷惑をかけるような輩いるけど、その場合だけ「あいつは酒に弱い」とか言って酒のせいにし、一方で、「酒の場じゃなきゃ本音出ない」って、それ二重基準じゃないですか。「他人に迷惑をかけるようなのがヤツの本性」か「酒を呑んでも人の心の奥底は出てこないが何となく出てきた気がする」のどっちかなら、筋は通る。しかし、このどっちかだとすると、飲み会は意味がない。

 

と、言うことで、大人数の飲み会が、致命的に嫌いです。それじゃ社会人として失格だ、と世間の波風は激しいですが、いや、それ社会人じゃなくて会社人ですから。それも、わりと古めの。

 

攻殻機動隊みたいなのでも良いじゃないすか。「俺たちにはチームワークなどという甘えはない。各人がプロフェッショナルとして最善を尽くした結果、チームワークとなるだけだ」。もうね、飲み会は、自分1人で自分の仕事の責任を負う意思も勇気もない人がやる甘えですよ。いや、良いんです甘えでも。ただそれを、「強制」しちゃうと、ただのブラック部活であって、そのブラック部活マインドを、社会人としての嗜みみたいな、そういう大きな話もせんでもらいたい。

 

だいたいね、「社会人として」とか「日本たるもの」みたいな、大きな話になった時はたいてい根拠なんてないから、要注意。

 

いやー、パッションがあふれてしまいました。