シミーのブログ

好きなもの。読書会、少女マンガ、人文系、宇宙、社会学、ノンフィクション、、、と、好きなものを羅列していけば何かがつかめる気がしています。ブログは主に世の中に対するぼんやりとした主張です。よろしくお願いします。twitter @koro81k

メガネを外したら美少女、がアリなら。メガネをかけたら美少女、がいてもいいじゃんか。

あれですね、『いちご100%』みたいなのですね。ヒロインと目されていた謎の美少女・東條が、普段はメガネなんだけどそれを外したら美少女、だったのとは逆に、普段ギャルっぽい西野がたま~にメガネをしたら何か良かった、という。

 

ギャップ、と言ってしまえばそれまでだけども、では何故、メガネを外した方が美少女になる描写が多く、普段冴えないのにメガネかけたら美少女、みたいなパターンが少ないのか。先の『いちご100%』の西野にしても、もともとが可愛いイメージだったので、メガネはプラスアルファ的な位置づけだし。

 

まずもって、メガネが、何を表象しているか。

 

まあ、言わずもがな、「賢さ」である。「真面目さ」の方が正鵠かもしれない。がり勉、は大体メガネをしているし、「メガネくん」とあだ名される人はだいたい勉強が得意だ。であれば、そのメガネを外すという行為は、賢さを外す=馬鹿よりになる、真面目じゃなくなる=逸脱、ってことになるのではないか。

 

とすれば、男子が女子に求めているのは、「あまり賢くない、真面目とかそういう枠にまだ嵌っていない未熟さ」なのであって、なんつーか、物語が発展していない。

 

逆に、普段冴えない女子が、メガネをかけることでどうなるか。もともと冴えないのであるから、まあ、たぶん悪い意味で彼女は逸脱している。浮いている。でも、みんながみんな輝き羽ばたきたいわけではない、総活躍したいわけじゃない、だから放っとけ、というのもあろう。そうした意見を脇において、とりあえず彼女にメガネをしてもらうとする。メガネをかけた彼女は、逸脱⇒真面目、ルートに戻ってくるわけだ、見た目が。

 

ん~。

 

もはや、学級委員である。男子は潜在的に、「女子に怒られたい願望」を持っている。いや、そうじゃない人もたくさんいるけれどとりあえず聞いて。理由は2つに分かれる。1つは、女子のことを本質的に弱い立場だとみなしていて、だから彼女たちに花を持たせて、あえて下につく俺、という自己イメージのため。2つ目は、本当は女子は強い存在だと考えていて、だから体制は男子を保護する傾向にばかり行っているけれど、その女子の本質的な強さを俺は知っているよ、的な態度のため。

 

つまり、男女の関係を、強弱で捉える思想だ。

そうした思想からすれば、学級委員というのは、体制のトップであり、「ちゃんとやってよ男子~!」と、怒ってくれる系女子である。

なんかこう、こうした属性、キャラがつかないと、メガネをかけたら美少女、というコードができない処に、わが国の文化度の程度が見えてしまう気がする。

 

メガネをかけたら美少女、いいじゃんか。